お知らせブログ

「ぺるそね」に関する最新の情報をお届けいたします

  • 2012.01.18

データ紹介

買い物は楽しいですか?【Data From ぺるそね3】

 

こんにちは!ぺるそね担当の内藤です。

 

1月も半ばを過ぎ、だんだんとお仕事も本格稼働の頃でしょうか。

寒さも厳しくなってきていますので、風邪などひかぬよう、ご自愛ください!

 

さて、そんな寒い季節、女性は楽しい、セールシーズンですね!

街中もネット上でも、sale、バーゲンの文字をよく見かけます。

買い物に熱中する女性、それを待つ男性なんていうのも、セール中

よく見かける風景ですよね。

 

そこで、Data From ぺるそね第3弾。

今回は、男女の「購買・所有に関する価値観」に注目してみました。

 

以下の表の青は男性、ピンクは女性です。

このグラフは、ぺるそねのデータダウンロード機能を利用して出力しています。(一部抜粋)



この表を見てみると、男女で大きく差があるのは2つ。

1つは、「買い物をするのは楽しいことだと思う」です。

女性は、店を選び、物を探し、店員さんとも会話をしたりして、買う、という

買い物のすべてのプロセスを楽しいと思う気持ちが強いのに対して、

男性はそれほど楽しいとは思っていないようです。

誰と、どこへ、何を買いに行くのかでもちろんその気持ちの変化はあるとは思いますが、

基本的には男性は女性ほど買い物を楽しいとは思っていないということを女性は念頭に

おいておくと、お互いに気持ちよく買い物できるのかもしれませんね。

 

もう1つは、「自分の周りには気に入ったものしか置きたくないと思う」です。

この設問の文章からは、“こだわりの強さ”がわかりそうですが・・・。

なんと、女性の方がこだわりが強い。

こだわりというと、男性の方が強い気がしていましたが、実際にアンケートを取ってみると、

女性の方がポイントが高いなんて、少し不思議な気がしませんか?

 

また、唯一男性の方がポイントが高い項目が

「いいモノをできるだけ長く大切に使いたいと思う」です。

買い物を楽しいと思うポイントが相対的に低かったのも、1度買ったものは長く愛用する

という点と何か相関関係がありそうですね。

 

このデータ、あなたならどう読み解き、活用しますか?

トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://blog.perso-net.jp/wp-trackback.php?p=486