お知らせブログ

「ぺるそね」に関する最新の情報をお届けいたします

  • 2011.12.27

データ紹介

お酒、飲みますか?【Data From ぺるそね 2】

 

こんにちは。ぺるそね担当の内藤です。

クリスマス3連休も終わり、街はお正月一直線!

そろそろ年末年始のお休みに入る方も多いかと思いますが、年末年始と言えば、

お家で親戚が集まったり、学生時代の友達とお店で集まったり、と、何かと付き合いが多く、

お酒を飲む機会が増えますよね。

 

そこで、Data From ぺるそね 第2弾!

今回は、「ターゲットを知る」から息子世代の20代男性とお父さん世代の50代男性

をターゲットに飲酒状況をピックアップしました。

 

20代男性と50代男性の飲酒状況を、それぞれ男性全体のデータと比較しました。

全体と比べて強い特徴である、対全体比が1.5以上のものは太い赤文字に背景がピンク、

比較的特徴と言ってよい、対全体比が1.2以上~1.5未満のものは赤文字にしてあります。


色を付けてみると一目瞭然ですね。

お父さん世代の50代は家でもお店でも飲む頻度が高い方が特徴となっています。

特に家では夕飯時の晩酌でしょうか。40%近くの人がほぼ毎日お酒を飲むと言っています。

確かに、お父さんと言うと、毎晩お酒を楽しんでいる印象があるような気がします。

それに比べて息子世代の20代。

家では辛うじて月に1~2回と、飲む頻度の低い方が特徴になっていますが、

お店に至っては特徴にならないほどです。

また、50代男性に比べて20代男性の家で飲まない率は10%以上高い!

ちょっと脱線して、趣味や興味のお酒関連項目も見てみましたが、

軒並み20代は選択率が低く、50代は高いという結果でした。

お酒で若い人とコミュニケーションを取っていこうと思っているお父さん世代にとっては、

ちょっと寂しい結果かもしれませんね。

 

今回、一番差があったのはこの2世代でしたが、30代男性、40代男性も調べたところ、

若い人ほど飲まない率が増え、お酒を飲む人はだんだん少なくなってきている

と考えられそうなデータが出てきました。

境目は30代と40代の間。

飲ミュニケーションという言葉もいずれなくなってしまうのかもしれませんね。

 

さて、このデータ、あなたならどう読み解き、活用しますか?

トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL
http://blog.perso-net.jp/wp-trackback.php?p=333